あさげーにゃの育児日記

現在一歳、息子ボックリの育児日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

完全母乳育児までの道のり③

前回からの続きです。

⑦ 昼寝をする。

疲れをためちゃうと途端に出が悪くなったりしました。
なのでミルクを足す時は夕方に足したり、気持ち的にしんどかったりしたら足したり。。。臨機応変にやってました。産後すぐは特に家事は放棄してしっかり休息をとってください。

⑧ 一ヶ月検診の時に助産師さんにおっぱいを見てもらう。

私が母乳でいけると自信が持てたのはこれでした。
ボックリを産んだ病院はいわゆる総合病院だったのですが、ちょうど私が出産した頃に母乳外来が出来て産後一ヶ月の検診の時に助産師さんがおっぱいの状態を見てくださってアドバイスをいただけました。
ベビースケールをレンタルして哺乳量を暇があればはかっていたのですが、母乳って毎回飲んでる量がちがうんですよね。。。
なので数字を見ては一気一憂。。。
新生児の頃はゴクゴク飲む音なんてあまり聞こえないしで母乳不足感に毎日のように陥っていました。
でも助産師さんに、おっぱいがしっかり出てることや、乳管が太くしっかり開いていることなど、実際に見てもらって大丈夫よって言っていただけることでかなり自信になりました。
なので、母乳不足感で悩んでる方はぜひプロにアドバイスをもらってみてください。

⑨ブログ最強母乳外来を読む。

私が産後読んで本当に助けられたブログが『最強母乳外来』です。
私が完母になれたのはこちらのブログのおかげだと言っても過言ではありません。本当に助けられましたし、こちらのブログに出会えてなかったら完母はきっと諦めてたと思います。
母乳育児中のお母さん、混合で悩んでいるお母さんはもちろんですが、ぜひ今妊娠中で母乳で育てたいと思っておられる方は妊娠中に読む事をオススメします。
私は母乳育児に関する知識が全くないまま出産を迎えてしまい、めちゃくちゃ後悔しました。
母乳育児のケアは妊娠中から始まっています。もちろん、切迫流早産でケアができない方もいますが、赤ちゃんが正しくおっぱいを飲めているかどうかを見分ける方法など、産後すぐに必要になる知識だってたくさんあります。
最強母乳外来は母乳育児をしていくうえでぶつかる疑問がほとんど網羅されています。
ブログの執筆者であるSOLANINさんは現役の助産師さんで、母乳育児だけでなく離乳食でぶつかる問題、歯のケアなど様々な話題を取り上げておられます。
ブログ本としても二冊出版されてますので妊娠中ののんびりしてる期間から読むといいと思います。
私は妊娠中にこのブログに出会うことはできなかったのですが、今では毎朝更新されてるSOLANINさんのブログを読むのが日課になっていますし、ボックリに歯が生えたり、離乳食を食べなかったり、何か問題にぶちあたると『最強母乳外来』へ飛んでいくようにしてます(笑)
ブログ最強母乳外来はコチラ
※こちらのブログを初めて訪問する際はメッセージボード(ブログ情報)もしくはプロフィールの「必見ですぞ!」を必ずお読みください。
関連記事
[ 2012/08/30 23:30 ] 完全母乳育児 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

あさげーにゃ

Author:あさげーにゃ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。