あさげーにゃの育児日記

現在一歳、息子ボックリの育児日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

完全母乳育児までの道のり①

母乳なんて勝手に出るサーなんてのんびり構えていた私ですが、それが大きな間違いだと分かり入院中からネットでいろいろお勉強。
調べていると私が扁平乳頭で赤ちゃんが飲みずらく、さらに赤ちゃん自身もおっぱいを飲むのがへたっぴちゃんだった事がわかりました。

産むまでは母乳じゃないと嫌とまでは考えていなかったのですが、色々調べているとやっぱり母乳育児っていいなーと思うようになりあれこれ試してみました。
以下完母にするために自分なりに調べて実践した事を書いていきます。

①赤ちゃんにとにかくおっぱいを吸ってもらう。

おっぱいは赤ちゃんに吸われて初めて作られるそうです。
なので、おっぱいが出ないからといってすぐにミルクをあげてしまうとおっぱいはさらに出なくなります。
なのでミルクの前には必ず直母。
簡単そうに見えてこれがけっこう大変なんです。。。
産まれて間もない赤ちゃんって基本はお腹がいっぱいになると大抵寝てくれるんです。なのであんまり出ないおっぱいをお腹が減ってる赤ちゃんに咥えさせるのは赤ちゃんも『早くミルクよこせー!!!こんなんいらんのじゃー!!!』と言わんばかりに身体をよじりおっぱいを叩かれ仰け反り泣き叫びます。。。(ノД`)
旦那にも気の毒そうに見られました。。。(泣)
たまーに、疲れて直母せずにミルクを注入する事はありましたが、なんとかミルクの前には直母、を繰り返しました。
特に夜中は眠たくても直母をサボらないほうがいいそうです。おっぱいが作られるホルモンが夜中は昼間の二倍出るそうなので夜中におっぱいを吸ってもらうと母乳量アップです。

②哺乳瓶を選ぶ。

哺乳瓶なんてなんでもいいんじゃ?と思って産前に旦那に適当に買ってきてもらったのですが、産後すぐに買い替えました。
私が使っていたのはピジョンの『母乳相談室』という直母訓練用の哺乳瓶です。
変わった形の乳首で赤ちゃんがおっぱいを飲む時に必要なアヒル口になって飲める哺乳瓶です。退院後しばらく使っていた乳首と比べると赤ちゃんがミルクを飲むスピードが全く違いました。
産院で使っていたものなんて流しこんでる?くらいの速さでお口の中に流れこんでいたので母乳相談室を使ってみて、その違いにびっくりしたのを覚えています。かなり飲むのに力がいるので初めは怒る赤ちゃんもいるとか。。。
ちなみに店頭では売ってないのでネットでお取り寄せしました。

③、母乳量が落ち着くまでは食事は徹底する。

産後、一ヶ月、完母になるまでは根菜類ばっかり食べてました。しかも和食で(笑)
特にごぼうはおっぱいの出がよくなるらしいと聞いて毎日のように食べてました。旦那が和食が好きだったのと、母乳育児に賛成派だったので出来た事かもしれませんが、産後一ヶ月は甘い物、油っこい物は全くと言っていいほど食べませんでした。

あと、小松菜が甘いおっぱいにすると聞きて毎日のように食べてました。
食べ物でおっぱいの味が変わるんだと実感したのは産後初めてカレーを食べた時です。
カレーはおっぱいをまずくすると聞いていたので三ヶ月くらいは食べなかったのですが食べたその日はボックリは咳き込みながらおっぱいを飲んでいたので、かなりまずかったんだと思います。
おっぱいを飲むのに赤ちゃんも体力を使うわけなので少しでも美味しいおっぱいならよく飲んでくれるかなー?と。
逆にしんどいわ、マズイわじゃあ私だって飲むの嫌ですからね(笑)
母乳量が落ち着いて完母になれば嫌でもおっぱい大好きになってくれるので徹底した食事管理は3ヶ月くらいでした。大きな声では言えませんがまずくてもシブシブ飲む。。。みたいな。。。まぁ、でもコレは赤ちゃんの味覚はそれぞれなので全くダメな赤ちゃんもいるでしょうが。。。
ほどほどに息抜きするくらいならうちは大丈夫でした。


②へ続く。
関連記事
[ 2012/08/27 13:07 ] 完全母乳育児 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

あさげーにゃ

Author:あさげーにゃ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。