あさげーにゃの育児日記

現在一歳、息子ボックリの育児日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

帝王切開について

ボックリがずーっと逆子だったため結局出産は帝王切開に。しかも切迫早産で、もう身体がもたない!!ということで心の準備もままならぬままバタバタと手術の日が決まりました。

帝王切開の手術が決まってからはネットでいろいろ検索しまくりました(笑)

なのですこしでもどなたかの参考になればと思い、以下レポートです。参考までにどぞー。




前日のお昼より入院。
入院した日はNSTをつけてモニターチェック。
モニターつけるたびにすごい張り。。。

晩は普通にご飯を食べて10時就寝。
ご飯の後からは絶食。
飲み物はOS1という、まずいポカリのようなものを次の日の朝10時までに最低二本。三本までを飲んでくだいと言われる。
張り止めのお薬を飲んでいて喉も乾くので、二本半飲みました。
一日目の晩は、4時頃まで寝れず、結局寝たのは4時から6時の2時間のみ。
緊張と、当日帝王切開だった人たちと同じ部屋だったため、血栓予防のフットマッサージャーの音と二時間起きの処置の音が気になって眠れませんでした。

朝起きて6時からNST。
またもや、すごい張り。
でも、張りのおかげで浣腸をせずにすみました(笑)
浣腸は張りを引き起こすそうなので、これ以上は張らせないほうがいいらしい。手術前に破水したら大変と。。。破水したら足から出てきちゃうので(ノД`)

午前中に手術着に着替えて、紙パンツに履き替え、血栓予防の弾性ストッキングをはきます。
ちょうどその頃旦那が到着していたので、ストッキングは旦那に履かせてもらうことに。。。
スリムウォークのもっと圧力がきつめの靴下なので、大きなお腹で1人ではくにはちょっと無理がある。。。

なんとか手術の準備が終わって後は手術まで待つのみ。


。。。が、緊急オペが入り1時からのオペが3時半に。。。

どうせ切るなら早くしてくれよー、と思いながら待っていると、3時に突然看護師さんがやってきて、今から移動しまーす、と言われる。

病室でストレッチャーに乗せられエレベーターで4階から2階まで移動する。
旦那とはここでバイバイ。

手術室に入ると、ストレッチャーからストレッチャーの移動。

そこで緑色の布をかけられて、手術着を脱がされる。
次はストレッチャーから手術台への移動。

手術台、ちっさΣ(゚д゚lll)
太っている人ははみ出してしまいそう。。。
でも、銀の固い手術台を想像していましたが、フワフワの乗り心地。
うーん、なかなか(笑)

まず、術後の痛みをとるために使う麻酔のチューブを背中に装着。

エビのように丸くなり、背中にいれる。
これがめちゃくちゃ痛い。
針がさされ、薬が入れられチューブを入れられる。

次に脊椎麻酔。下半身麻酔でこれは術中の麻酔。これもめちゃ痛い。

しかも薬が入ると同時に、下になっている左足がドンドン痺れて熱くなってくる。
そのうち両足に。
ゴロンと手術台にまっすぐに寝かされお腹の消毒開始。
その間に麻酔科の先生が冷たいコットンを色んなところにつけて『ここは?ここは冷たい?』と聞いてくる。

そのうちに麻酔の影響でだんだん首がしめつけられるような息苦しさに。。。

すると先生が一言。

『たまに痛みを少し感じる人もいるけど、赤ちゃん出てからは痛みどめ使えるから頑張ってね』


。。。やっぱり?
そう、知り合いが二カ月ほど前に帝王切開で出産しているのですが、術中麻酔が効かなくてめちゃくちゃ痛かったらしい。。。
それって切腹やん(ノД`)

JINの野風さんの出産シーンを思い出しました。。。

頼むから痛いのはやだよーと思っていると、『お願いしまーす』の掛け声と共に手術がはじまる。

隣で、可愛らしい看護師さんが、今からですよーとずっと実況中継をしてくれる。
麻酔科の先生も頭の上でずっと声をかけてくれていました。

痛みは全くないけど、内臓を押されたり引っぱられたりするたび、気持ち悪さと息苦しさが襲ってくる。

息苦しさを、麻酔科の先生に訴えるとモニターを見ながら、『大丈夫、息は出来てるからねー、落ち着いて深呼吸してごらん』と言われる。
手術開始から15分くらいで『あ、赤ちゃん、出てきましたよー』と看護師さん。みんなが口々に『おめでとうございます』と言ってくれました。
赤ちゃんは綺麗にしてもらってから頭のそばまで連れてきてもらい、看護師さんたちが写真を撮ってくれました。

そのまま保育器の中へ。。。
帝王切開で産まれた子は産道を通らずいきなり外に引っ張り出されるので、羊水が肺に溜まったりして呼吸が不安定になるそうです。
なので一日目は必ず保育器に。。。

赤ちゃんは連れて行かれてしまいました。すると看護師さんはすぐに現像してくれた写真を見せてくれました。
写真を見るとなぜかピースサインの息子(笑)
看護師さんたちも皆で見て『かわいー』笑っていました。

この時は分からなかったのですが、赤ちゃんを見せてくれたり、写真を現像して見せてくれたりは、術中の私の気を紛らわすためだったんだなと。。。

この後暫く胎盤を出したり、羊水を抜いたりの作業や、縫合など30分弱くらいの作業が続くのですが作業をぼーっと待っていると途端に息苦しさが戻ってきます。

そして、そのまま縫合が終わりストレッチャーで部屋まで帰ります。
部屋に帰ると血栓予防のフットマッサージャーを付けられ、心電図、自動血圧計、酸素の量を測るモニターがつけられます。
処置が終わると旦那と両親が入ってきました。

そこで旦那が『赤ちゃん、抱っこできたけどめっちゃでっかいで?3100ぐらいあるらしい。』
Σ(゚д゚lll)え?3100???
だって先週のエコーでは2600って。。
予定日より三週間早いのにそんなでかいの???とビックリしていると、母が『羊水込みで出血も300CCやったみたいやから羊水も少なめだったんじゃない?』
Σ(゚д゚lll)そりゃ、回れんわ。。。

そして驚きの新事実。

『なんか、予想よりでかくて、お尻が大きすぎて出てこれなくて、二センチ余分に切りなおしたらしいよ?』

Σ(゚д゚lll)ガーン。。。
わたしのお腹。。。(ノД`)

まぁ、大は小をかねる。。。


で、両親は帰っていき、旦那と2人に。

ここからが地獄。。。

麻酔の影響で息苦しさがぶり返し、身体全体がガタガタ震え出しました。

先生も診察にかけつけてくれ、震えは緊張で高ぶってた神経が術後ホッとした後に震えとして現れる事がよくあると説明してくれました。

でも、足の感覚が全くなく、ベッドの上で動く事もできずにの息苦しさと震えは、本当に死ぬんじゃないかと思いました

一時間ほどそんな状態が続き、その間旦那は手を握って励ましてくれました

震えが収まると今度は後陣痛との闘いでした。
足が動かせるようになったのは夜中で、それからは少し楽にはなりましたが、結局寝たのはまた4時から6時。

2日で4時間の睡眠。。。

そんなこんなでなんとか無事に出産できました

ボックリと術後対面できたのは次の日のお昼頃だったかなぁ。。。
関連記事
[ 2012/08/17 22:04 ] 帝王切開 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

あさげーにゃ

Author:あさげーにゃ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。